NONLOGは、SWELLを使用しています

【出産準備】いざという時にあわてないで!入院バッグに必要なものは?

こんにちは。のんママです。

急に陣痛や破水により、入院が決まった時の持ち物の準備は大丈夫でしょうか?

のんママ

いつ入院になるか分からないから、出来るだけ早く準備しておくと慌てずにすむね。

今回は、

入院において必要なもの
用意したけど、使わなかったもの
あると良かったと思うもの

についてまとめました。

目次

入院において必要なもの

必要なものは、出産する産院や病院によって、多少異なると思います。(私は総合病院での出産です。)

自分用

貴重品(母子健康手帳、診察券、保険証、印鑑)

書類一式(入院書類等)衣類(パジャマ、産褥ショーツ、授乳ブラ)

貴重品(母子健康手帳、診察券、保険証、印鑑)書類一式(入院書類等)衣類(パジャマ、産褥ショーツ、授乳ブラ)

洗面用具(バスタオル、フェイスタオル、シャンプー・リンス・ボディーソープ、歯ブラシ)

産む時に使うもの(ペットボトル用ストロー、食べ物(ゼリー飲料、飲み物)、ホッカイロ、ハンディファン(扇風機))

他(充電器、履物、筆記用具、ティッシュ、夜用ナプキン、箸、コップ)

赤ちゃん用

おしりふき

ガーゼハンカチ

退院時に着る服(肌着、上着)

おくるみ

オムツ

病院でくれるもの

お産パッド
産後直後パッド(夜用よりさらに大きめナプキン)
産褥ショーツ(シンプルですが、ださい!)
クリーンコットン(産後陰部を清潔に保つ時や、赤ちゃんに使用)
母乳パッド
臍の箱(木箱のへその緒を入れる箱)
ワセリン
粉ミルクやクリームのサンプルなど

病院の準備物の紙や、他で用意するといいものを参考にこれらを準備しました。

私は、陣痛バッグを別で用意しませんでした。(どっちに何を入れたか分からなくなるので、入院バッグのみ用意です)

用意したけれど、使わなかったもの

人によって、陣痛具合が違うので異なると思いますが、

  • ハンディファン
  • ホッカイロ
  • ペットボトル用ストロー△
  • 母乳パッド

これらは、まったく使用しませんでした。

ハンディファン

陣痛中苦しくて汗をかくということから、用意しましたが、それどころではありません。また、室内の空調が少し涼しめにセットされていた気がします。

ホッカイロ

腰を温めるといいということから、用意しましたが、同じくそれどころではなく、使用しませんでした。

ペットボトル用ストロー

水分補給の際、必要だったかと思います。セットされていれば、すぐに飲めるので、便利ですが、コロナ期間中により、立会い出産が不可となり、陣痛が来た時には自分でセットできず、使用せずに終わりました。陣痛の具合にもよりますが、早めにセットしておくと安心です。

母乳パッド

私は、産後すぐにおっぱいは勝手にでるものだと思っていました。しかし、妊娠中におっぱいマッサージを何もしていなかったため、全然でません。搾乳しても、本当にわずか・・

母乳があふれてブラが濡れることはなく、早くから用意しなくてもよかったと思いました。

あると良かったと思うもの

実際に用意して、準備していたものだけでは足りず、後であると良かったと思うものは、

  • 着圧ソックス
  • 円座クッション
  • 授乳クッション
  • 多めの水分、軽食(お菓子等)

これらが、用意しておけばと思ったものです。

着圧ソックス

特に、着圧ソックスに関しては、本当に必要だと思いました。

産後翌日、足がものすごく浮腫むのです。普段の浮腫みとは違い、足全てが浮腫み驚きました。

足の甲から、ふくらはぎにかけての浮腫みは、今まで見たこともないくらいで、指で押すと、指の形がくっきり残るくらいです。

実際の写真が残ってました!(本当に汚い脚で申し訳ございません!!)

産後2日目の脚
産後3日目の脚

コロナ禍で、出産後の面会も不可だったので、荷物だけ届けてもらうのですが、真っ先にお願いしました。(病院、産院によっては、準備されているところもあるようです)

のんママ

産後の脚の浮腫みには本当に驚きました。
自分の脚がゾウみたい…

円座クッション

産後は、本当に全身ズタボロで、いたるところが痛みます。座るだけでも、かなり痛みます。病院で貸し出ししてくれましたが、退院後もしばらく痛みは続くため、用意しておけばと思いました。

授乳クッション

退院後に使うものなので、自宅には用意してありましたが、病院にも持っていけば良かったと思いました。産後5日間の入院期間中、病院で貸し出ししてくれましたが、自分のものに慣れておくという意味で、欲しかったです。

多めの水分、軽食(お菓子等)

水分は多めに用意してあったつもりですが、全然足りませんでした。自販機もあるので、購入してもいいのですが、5日間、毎日購入するのも、もったいないと思ってしまいます。

病室に、共同の冷蔵庫があったため、2Lのペットボトルを荷物とともに、持って来てもらい、ぐびぐび飲みました。産後は、授乳や病院内の空調の関係で乾燥しやすく喉が渇きます。

また、食事もボリュームあるものが出るし、おやつまで出るのですが、お腹がすきます。少しおやつを用意しておけばよかったと思いました。(コロナ禍でなければ面会時に色々、差し入れがあるはず‥笑)

しかし、産んでからの食事のボリュームには、感動しました。産む前までは、あんなに増えないように気を付けていたので、こんなに食べいいんだと驚きです!

終わりに

いつ入院になるかは、分かりません。早めに準備をしておきましょう。

また、入院する時には、陣痛中の可能性もあるため、何を用意したか分かるようにスマホに残したり、紙に書いたりしましょう。
入院の際付き添ってくれる方にも分かりますし、出産直後頭が働かず、何を持ってきたか、自分でも確認できて、便利です。

不要なものもあるかもしれませんが、用意しておけば安心感はあります。

コロナ禍での出産のため、通常の出産の時と異なることが多いようですが、初めてのことだったので、こういうものかなですみました。

のんママ

出産する場所により、異なることも多いと思います。
悩んだら、妊婦健診の時に聞いてみてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

TOP
目次
閉じる