NONLOGは、SWELLを使用しています

どうして産後太りするの?産後ダイエットが続かない、痩せない理由

こんにちは。のんママです。

産後って、油断していると簡単に太るんですね。現在身を持って、身体の重さを感じています。

産後ダイエット記録です。

のんママ

なんでこんなに太っちゃったんだろう…
妊娠前の体型はどこに?!

私は今まで散々、産後ダイエットをしようと思って、失敗してきました。

どうして、産後痩せないのか、また始めたばかりですが、ワーママの私に向いている、続けられそうだなと思った産後ダイエットとその経過について紹介します。

目次

産後痩せない理由

食べる量が増えて、早食いになった

母乳で息子君を育ててきました。授乳ってお腹が空いてよく食べます。授乳が終わったから、食事の量が減るか?というと胃が大きくなっていて、以前と同じ量では満足できません。つい食べ過ぎてしまう、お菓子をつまんでしまうということが習慣になっていました。

それに加えて、産まれてからは、いつ泣くか分からない、グズグズしていて急いで食べないと、息子君のご飯を食べさせながら一緒に自分のご飯も済ませないと。という具合に早食いが続いています。ママになるとゆっくりとテレビを見てご飯でひと息というわけにはいきません。

動かない。運動をしない。

ママになって、息子君を毎日抱っこしています。抱っこするだけでは、運動にならず、思っていた以上に動いていません。抱っこして、スクワットや軽い筋トレみたいなことをやれば良かったのですが、なかなかできず、筋力低下と運動不足が続いています。

しかし、疲労だけは蓄積されているので、動く気になれず全く運動ができていません。

ストレス

産後のストレスは人によると思いますが、私はかなりストレスが溜まりました。トイレすら自由に行けない、もう授乳の時間、もう起きた、またぐずっている…。気が狂いそうでした。(お昼寝を全くしない、夜も頻回に起きる子だったのでしんどかったです)

今までのストレス発散は、旅行に行く、運動する、友達と遊ぶ、飲み会など、アクティブなことでストレスを解消してきたので、今までと状況が違いどうやってストレス発散すればいいか分からず、簡単にできるのが、食べることでした。授乳中もあり、お腹が空くので、いくらでも食べられます。

ついつい、ご褒美デザートや山盛りご飯といった「食」でストレス発散をしてしまいました。

産前産後の体重推移

スクロールできます
体重妊娠前より +〇kg
妊娠前53kg
臨月61kg+8kg
出産直後58kg+5kg
産後3~5カ月54kg+1kg
産後6~7カ月55kg+2kg ここら辺まで、キープを心掛けていました
産後10カ月58kg+5kg 年末年始もあり気が抜けて体重管理しなくなり、体重計にも乗らない日々…
産後1年半60kg+7kg ついに臨月に迫る体重…
のんママ

絶句…
もう一人お腹の中にいるのと変わらない…
どうしてこんなになってしまったんだ…

産前

決して瘦せているわけではありませんが、自分にとって53kg前後がベスト体重かなと思います。運動も程よくしていたので、筋肉も多少あり、いい具合にキープできていました。

このくらいだと洋服はM〜Lサイズ。色々な服が自由に選べて、身体も軽い。不自由ありません。

臨月(+8kg)

妊娠中は、つわり後食欲が増しつい食べ過ぎてしまいました。産む2ヶ月くらい前からは、赤ちゃんが大きめだから、これ以上太らないようにと言われ、キープを心掛けます。

産後直後(+5kg)

産後直後、病院で出産して子どもや羊水、胎盤などが出ていったのと、体力を使ったので、期待して体重計に乗りましたが、-3kgくらいしか痩せていませんでした。約4kgの3700gの赤ちゃんを産んだのに、全然瘦せてなくて、ショックでした。(でも、大体こんな感じみたいですね)

産後3~5ヶ月(+1kg)

産後は、頑張って母乳育児をしていました。母乳の方が痩せるというのを聞いたのと、ミルクを作って冷ますのが面倒で、すぐに母乳オンリーになりました。その甲斐あって、産前より、+1kgまで落ちました。

寝不足、疲労で痩せたというより、やつれたという感じです。瘦せたけど、お腹の肉はブヨブヨです。

産後6~7カ月 (+2kg)

息子君の離乳食が始まりますが、まだまだ授乳は続いています。この頃までは、なんとか体重を産前までに戻そうと頑張っていました。

産後10カ月(+5kg)

クリスマス~年末年始が重なり、気が緩み体重管理を怠ったため、体重が急増です。

また、授乳回数が減ってきて母乳も前みたいにたくさん出ていないけど、食べる量が変わっていません。それだけではなく、だんだんと育児疲れやストレスもあり、食でストレスを発散し始めたのもこのころです。

洋服もきつく、Gパンはパツパツ。抱っこしていることもあり、二の腕の太さも今までにないくらい、たくましくなってしまいました。

産後1年半 (+7kg)

先日の1年半検診で、息子君と一緒に体重計に乗らないといけない時にようやく、今まで目を背けていた体重を把握しました。ここで、ようやくダイエットを本格的に決意します。(今までも何度も決意したけど、余計ストレスになり続きませんでした。)

仕事のチノパンもパツパツ。ウエストも苦しい。ニットの洋服を着ると二の腕までパツパツです。

今まで続かなかったダイエット

今まで、色々なダイエットを試してみましたが、どれも失敗して続きませんでした。その原因を振り返り、どうすれば良かったか考えます。

オートミールダイエット

ごはんの代わりに、オートミールを食べます。

オートミールは、水でふやかして、ごはんの代わりに納豆オートミールやリゾット。小麦粉の代わりにお好み焼きやパンケーキなど、様々な料理に使えます。時間がない中、簡単に美味しく食べられるので、使い勝手は良かったですが、思ったより美味しくレパートリーが豊富で、つい食べ過ぎてしまいました。

また、トッピングにチーズやはちみつなどのカロリーが高いものを一緒にたくさん食べてしまったのも原因だと思います。


低カロリーでも食べ過ぎに注意が必要です。離乳食にも使えました◎

プロテインダイエット

朝食を1食プロテインに置き換えるダイエットをしました。プロテインに置き換えるのは簡単で、味も美味しく満足感もあります。

しかし、仕事復帰前の家にいると朝置き換えたからと、ついつい食べ過ぎてしまい、瘦せるには至りませんでした。


置き換えても、その後食べ過ぎてしまえば意味がありません。

自分にあったダイエット

8時間ダイエットとは?

8時間ダイエットは、自分の好きな時間の8時間の間に食事を済ませるというダイエット法です。
8時間の間なら、何を食べてもいいとされています。

仕事を開始し、朝のバタバタする中、急いで朝食を食べるのが大変、ゆっくり食べられないことがストレスになっていたため、朝食を抜けばいいんだと私にあっていると思ったダイエット法です。

昼食の時間は、休憩時間12時くらいからで夕食は19時には終わっています。昼食までを仕事をしながら、空腹感はありますが、慣れてくるとなんとか苦にならず続けています。

8時間ダイエットの効果

摂取カロリーの低下による体重減少
食べ過ぎによる不調改善
アンチエイジング
便秘解消

8時間ダイエットは、1食抜くことになるため、単純に摂取カロリーが減り、体重減少につながります。

今まで、ながら食いが多くあり、翌朝起きると胃もたれしていることもよくありましたが、食べる時間を8時間と決め、空腹の時間が長いため、食べ過ぎによる不調を改善できます。プチ断食のような感じで、内臓を休ませてあげることができます。

また、このプチ断食がアンチエイジングにも効果的と言われています。断食による「オートファジー」が働き、細胞をどんどん新しいものに生まれ変わるよう活性化が進むことで、若返りにつながるとされています。

あと、嬉しいことに便秘の解消につながります。産前、毎日快便で、便秘に困ったことはありませんでしたが、産後、運動不足やゆっくりトイレに行けないことなどが原因で、便秘になりました。

しかし、この8時間ダイエットを開始し、毎日ではありませんが、以前よりお通じが良くなってきたと実感しています。

8時間ダイエットの注意点

食事の制限はないけど、暴飲暴食はしない
急激に体重減少を目指さない
どうしても我慢できない時は、ナッツかヨーグルトなら可
持病がある方、妊娠中は、医師に相談

何を食べてもいいと言われていますが、食べ放題に暴飲暴食が続くと、痩せるどころか、太ってしまいます。厳しい食事制限はありませんが、バランスの良い食事、腹8分目の食事を心掛ける必要があります。

逆に、我慢しすぎる、急に食事量を減らし過ぎると、体調不良を起こすことがあるため、無理なダイエットは、禁物です。

このダイエット法のいいところは、どうしても我慢ができない時、ナッツか無糖のヨーグルトなら食べても良いとされています。もちろん、食べ過ぎには注意ですが、無理に我慢しなくてもいいところが続けられる理由です。

ダイエットを行うにあたり、持病のある方や、妊娠中の方は、医師に確認してから無理なく行いましょう。

8時間ダイエットの状況

12月初めより、このダイエット法を開始しました。

約1か月で、-1.6kgです。

この間、クリスマスや年末年始もあり、ケーキやお餅など食べたので、心配してましたが、運動もなく痩せていて驚きです。

8時間ダイエットの効率をさらにあげるには、簡単な筋トレや運動をするとより効果的です。
できる方は、併用してみてください。

私もこの調子で、緩く少しずつ瘦せていけたらと思います。

食べなきゃということが、逆にストレスになっていた部分が大きかったので、食べなくてもいい(食べてはいけない)時間があると、少し余裕が生まれて、自分にあった方法かなと思います。

終わりに

産後の体型を元に戻すのは、思っていた以上に大変です。8時間ダイエットもこのままうまく継続できればいいのですが、、

自分の未熟さが続かない原因でもあります。気を引き締めて少しずつ瘦せられるよう頑張ります。

長くなりましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

のんママ

継続した結果をまたどこかのタイミングで、経過報告します!

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

TOP
目次
閉じる